TOP > 初心者用技術編 > 前屈立ち下段払い

前屈立ち下段払い

008.JPG まず「不動立ち」で構えます。

不動立ち:足は肩幅で背筋を伸ばし、少し肘を曲げ正拳を太股横に置く。
 整列時や稽古中説明を受ける際にこの構えになります。
009.JPG 「前屈立ち下段払い」用意の号令で左手で下段払いをしながら右足をまっすぐ後ろに引きます。
下段払いの際しっかり顔面と急所をガードします。
010.JPG 正面から見た「前屈立ち下段払い」
011.JPG 横から見た「前屈立ち下段払い」
背筋を伸ばししっかり前方を見ます。
引き手を胸の横につけ腰を落とします。



代官山カラテ通信登録

お名前とメールアドレスを登録下さい。月間スケジュール・更新情報・イベント情報をお届けします。
お名前
e-mail


主催イベント

代官山カラテmobile

携帯で最新情報をチェック!